島田 干城

島田 干城
学究社は毎日が新鮮で年を取るのを忘れさせてくれる

島田 干城個別ena中神室長

入社したきっかけ、決め手は?

前の職場で一緒だった友人が誘ってくれたから。前職は英語の専門学校の運営に携わっていましたが、学究社でもその経験が生かせるのではないかと思い応募しました。また、前職は休みもなかなか取れないほど忙しく、学究社は昼から出勤なので楽できるという安易な気持ちもありました。(笑)

今の仕事内容、やりがい・面白さは?

生徒たちを志望校に合格させられた時は、それまでの苦労が全部吹き飛んでしまいます。どういう風にこの子を教えたら伸びるのかを考え、それがうまくいった時にはなんとも嬉しいです。また、嫌なことがあっても、生徒たちの元気な顔を見ると全部忘れてしまいます。

学究社はどんな会社ですか?

毎日が新鮮で年を取るのを忘れさせてくれると感じています。特に個別enaは毎日のように新しい人と出会うことができます。今日この人に会えたのも何かの縁と心得、自分(学究社)ができるベストを尽くそうと臨んでいます。人との出会いはお金に代えることはできませんからね。

どんな人と一緒に働きたいですか?

自分の意見をはっきり言ってくれる人。何でも人に合わせるという人は嫌ですね。教育問題に関しては、とことん議論したいものです。今の若い人は上に媚びることなく自分の意見をきちんと言ってくれます。部下から学ぶことも多いです。

一番安らぐのはどんな時間ですか?

一日の仕事が終わって一杯やる時ですね。仲間と一緒なら楽しいし、一人でも行きつけの飲み屋に行き、そこの親仁を相手に世間話をしたり、たまたま隣同士になった人と話すのもいいものです。色々な人と話すと案外仕事のヒントを得られたりします。