河端 真一

河端 真一
学究社は100年後を考えます

河端 真一取締役会長

学究社はenaを中心とする教育機関を運営する企業体です。生身の人間に対する教育を行う企業ゆえ、当社には利潤追求に優先する禁止規定が存在します。そして実現しようとする理想があります。それを当社では企業理念たる「人間第一」の一言で表現しています。「生きる力」を体得する場を人間的に運営することが学究社の仕事です。

もちろん学究社も現実の社会に存在する一企業ゆえ競争にさらされており、それに勝ち抜かなければなりません。学究社はボランティアでも自己満足でも趣味でもありません。ビジネスです。しかし人が納得する、人を納得させるやり方でそれを行おうと考えています。当社事業運営の要となる「マネージメント」、最高意思決定機関たる取締役会における「社外取締役制度」もすべてその前提に立脚しています。利潤追求を超える考え方が一貫して流れている企業、それが学究社です。

このように自らの手を縛る自己規定をし、なおかつ企業間競争に勝ち抜くためには卓越した仕事の質が必要です。それゆえ一人一人に対して厳しく仕事の質が要求されます。さらに組織としても、教育というフィールドでどれだけ革新的な仕事ができたかを、仕事における成果の指標としています。社会的に考えても、社会貢献とは自らの業務分野でどれだけ革新をなしえたか、社会発展に貢献できたかということが第一ではないでしょうか。

学究社は100年後を考えます。

100年後、株式会社という組織形態は過去のものとなっているかもしれません。それでも存続し、存在意義を失わない組織、学究社をそのようなものにしたいと考えています。

そのために、社名のごとく私たちは、学び、究める作業を日夜怠りません。

略歴 ◆京都府京都市に生まれる
◆慶應義塾大学経済学部卒業
◆株式会社学究社設立
◆株式会社学究社 株式を店頭公開(現東証JASDAQ上場)
(設立より最短記録・最年少株式公開社長記録を更新)
◆一橋大学大学院法学研究科修士課程修了
◆一橋大学大学院法学研究科博士課程修了
(法学博士号取得)
◆一橋大学大学院国際企業戦略研究科客員教授就任
◆一橋大学大学院国際企業戦略研究科客員教授任期満了退任
河端真一
著書 ・コーポレートガバナンスの研究(信山社)
編書 ・講座「現代コーポレートガバナンス論」研究論文集
― 敵対的M&Aとポイズンピルの時代に ―(信山社)
・講座「現代コーポレートガバナンス論」 研究論文集 第2集(信山社)
その他 元社団法人経済同友会幹事

書籍